最近の新宿の風俗は出勤スケジュールを自分で決められるの?

ベッドの上に脱ぎ捨てられた女性用の下着

お金を稼ぎたいのに、纏まった働ける時間を中々確保することができないという人は仕事を見つけることも大変ですよね。やっぱり、雇う側だってなるだけ出勤してくれる人を雇いたいですから短時間、出勤日数が少ない人は不利になります。

しかし、風俗の求人に関しては決して不利にはならないんです。

時間帯が自由にならない人でも安心

働ける時間が1日1時間しかないだとか、週に1回しかないというような短時間のアルバイトしかできない人でも風俗の求人情報サイトでは歓迎しています。

デリヘル、というのは普通のアルバイトと違い基本的にどんなに大人数を抱えていても問題がありません。だから、沢山の人を同時に抱えることができますので短時間、短期間でのお仕事でも歓迎されているんですね。

時間は勿論ですが、何時までしか働くことができないというような限定的な時間指定での労働も可能になります。

お店によっては時間指定もあります

しかし、中には厳しいお店もあって1日に何時間以上じゃないとダメだというようなお店もあります。とはいえ、それはかなりレベルが高いお店なので限られた条件のお店だけなのでご安心を。

基本的には時間帯は自由ですし、たとえば時間帯なんかもその日によって変わるという場合でも対応してくれます。前日までにたとえば今日はこの時間からこの時間までしか働くことはできないけど、明日ならばこの時間帯からこの時間まで働くことができるということを言っておけばその通りに出勤することができます。

デリヘルのいいところは、とにかく本当にその日その日で変動をするような自由な時間帯で出勤することができるところです。

さすがに出勤中に帰るということはできませんがそれ以外はかなり融通が利きます。

新宿の風俗店でも真面目に働かないと稼げません

ストレッチ中の女性

高収入を得たいという目的で風俗の求人に応募して、実際に働き始めたわけですが、人によっては風俗店から辞めさせられるということもあり得ます。

風俗店によって辞めさせられる基準というのは全然異なっているわけですが、それでも辞めさせられやすい女性というのもいますので、これを反面教師にして辞めさせられない女性になることが大切です。

いくらスタイルやルックスが良いからと言っても、勤怠が悪い人は真っ先に辞めさせられます。勤怠が悪いというのは頻繁にドタキャンをしたりすることです。

ドタキャンをしてしまうとスタッフだけでなく、お客様にとっても迷惑がかかりますので、こういう人は不要だなという烙印を押されます。

引用※風俗 求人 新宿 https://www.kosyunyu.com/tokyo/shinjuku_kabukicho/

中にはお客様からのクレームが多い人もいます。クレームの内容にもよりますが、こちらに非がある場合というのはまずは指導が入ります。

スタッフが指導をして改善されたのであればいいわけですが、改善が見込めない場合は残念ながら辞めさせられる結果になります。

風俗店側がすぐに首切りをすればいいのですが、実際のところはそういう風に行かないケースもあり得ます。そういう場合は出勤日を減らされるなど自然に辞めてもらえるように誘導することがあります。

そういう人は風俗店から期待されていないわけです。風俗で働き始めて高収入が得られるのであればいいのですが、残念ながらそういう風に行かない人も出てきます。

例えば上記のような状況になった場合には首を切られるもしくはそういう方向に誘導されることがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする